消費者金融との和解契約について

消費者金融との和解契約とはどのようなものか、これだけではわからないと思いますので、簡単に説明したいと思います。最近ではお馴染みになってしまった過払い金請求や債務整理などの言葉ですが、聞いたことのある方も多いと思います。この過払い金請求や債務整理などを行った時に消費者金融と再度交わす契約のことを指します。
具体的にどういった場合にそのようなことになるのかと言うと、例えば債務整理で任意整理などを行った場合に、調停で話し合いを行い毎月の支払額を再度見直して返済計画を立てます。その際その後の利息が付かなかったり、返済する期間を概ね3年から5年ほどで決めることが多いのですが、そこで決められたことを再度契約します。
ここで決められたことは和解契約として契約されます。契約内容が変更され再度契約を結ぶことになりますので、これ以後返済が滞ったりすると強制執行などの措置がとられます。一括返済を迫られるようなことになるので注意が必要です。このように債権者側と債務者側がお互いに合意して契約内容を変更して再度契約を行うのです。
過払い金請求の場合にもあてはまり、過払い金で元本充当が足りない時など、以後の金利を法定利息内での契約を再度結ぶことになります。このように債務者側と債権者側の話し合いにより、お互いの合意が取れて契約内容を変更し、新たに契約の申込みと承諾を行うことを和解契約と呼ぶのです。お互いに話し合いで和解し契約をする。呼んで字の如くですね。

関連記事